水曜日, 12月 12

世界のクリスマス ~チェコ~

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

もうすぐクリスマスシーズンが到来ですね。
街中がイルミネーションに彩られてきました^^

この時期になると、大人になっても自然と浮足立ってしまいますね♪

日本でクリスマスといえば、恋人や、大切な人や家族と一緒に、
美味しい食事や、プレゼントなどを用意して楽しむイメージですが、海外では少し違った伝統があるようです。

今回は、チェコのクリスマスをご紹介致します♪

チェコのクリスマスマーケット


チェコでは、11月下旬からクリスマスマーケットが始まります。旧市街広場のマーケットでは、巨大ツリーが設置され、点灯式にも多くの人が集まるようです。

マーケット内では、ホットワインや、クリスマスオーナメントやリースなど、クリスマスにちなんだものが並びます。もちろんチェコの伝統料理や、お土産屋さんなんかも並んでいます。

クリスマスマーケットの定番は、(TRDELNIK)。

ドーナツのようなものですが、その作り方が特徴的です。

棒に生地を巻き付けてぐるぐる回しながら焼いていきます。お砂糖、シナモンがかかっていて、モチモチした食感だとか◎

食べてみたくなりますね♪

クリスマスマーケットは、クリスマス過ぎてからもやっているようですよ^^
旧市街広場だけではなく、ヴァーツラフ広場、共和国広場、平和広場でもクリスマスマーケットは開催されているようです◎

クリスマスには鯉フライ!?

チェコ伝統のクリスマス料理は、鯉のフライです。

キリスト教の「24日は肉を食べてはいけない」という決まりから、チェコのクリスマス料理は鯉になったようです。クリスマスの日には、鯉を1匹丸々購入し、自宅でさばくのが一般的なのだとか!! 鯉のフライは調理前に牛乳や、レモンと塩で一晩寝かせると臭みは取れるので、全く臭みはなく、白身ながらにしっかりした味があるそうです。

付け合わせには、ポテトサラダが一般的。そして、フライに使わなかった鯉の頭や、内臓はスープにしてふるまわれます。

クリスマスシーズンの特別メニューですので、試す価値はありますね☆

鯉のうろこをお財布に入れておくと、お金を呼びこむ、という言い伝えもあるそうですよ^^

 

プレゼントを持ってくるのはサンタじゃない?


クリスマスプレゼントを持ってくるのは、サンタクロース!というのが、一般的ですが、チェコでは少し違うようです。

クリスマスプレゼントを持ってくるのは「イェジシェック」という、小さなキリストが、クリスマスツリーの下にプレゼントを持ってきてくれると、チェコの子どもたちは信じているようです。

イェジシェックは、風と共に窓から部屋の中へと入ってくると、ツリーの下にプレゼントを置いて去っていくそうです。24日の夕食後にはプレゼントが置かれており、クリスマスクッキーを食べながら、みんなでプレゼントを開けて、ゆっくりとした家族の時間を楽しむそうです。

 

TSPの荷揚げのお仕事でガッツリ稼いだ後は、
クリスマスというイベントのシーズンだけにしか見られないチェコを堪能しに、
行ってみてはいかがでしょうか?

 

TSPでは、荷揚げのお仕事をしています。
神戸や姫路、大阪、京都に事業所があります。
興味がある方は、一緒に働いてみませんか?
ご応募・お問い合わせお待ちしております。

 

●お問い合わせ⇒こちら
●荷揚げについてもっと知る⇒こちら
●荷揚げ求人に応募⇒こちら
Share.

【荷揚げ助っ人登録】

今すぐじゃないけど気になる人は、空メールを送って下さい。
スポットの現場で急な空きが出た時など応援のお願い『助っ人依頼』メールを送ります。
空メールを送って登録する場合は、以下メールアドレス宛に空メールを送ってください。
(スマートフォンの場合は件名に何か文字を入れる必要がある場合があります。)

今すぐ空メールを送って助っ人登録をするならこちら

About Author

きーちゃん

Leave A Reply