水曜日, 6月 26

あたたかい飲み物 日本茶

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

こんにちは!(^^)!

こうちゃんです。

相変わらず夜はめちゃくちゃ寒いですが、日中は日が出ていると少し暖かい日もぽつぽつ出てきましたね(*^^)

そろそろ花粉症の人は準備をしだす人もいるのではないでしょうか??

けどまだまだ寒いので、帰宅したら暖かい飲み物を飲んでゆっくりしたいですよね・・・(+_+)

暖かい飲み物と言えば・・・ココア、紅茶、コーヒー、ホットレモン・・・

などなど色々ありますよね!! 今日は近年雑誌などでも特集を組まれている・・・

「日本茶」

について書こうと思います(*^^*)

お茶は皆さんも馴染みがあるのではないでしょうか??

コンビニでも多種多様なお茶が販売されていますよね、ですが意外と日本茶を淹れたことある人は少ないのではないでしょうか??

ちなみにお茶は、中国の進んだ文化や制度を取り入れようとしていた奈良・平安時代に、遣唐使や留学僧によって日本にもたらされたと言われています。

そんな昔から日本に存在するお茶ですが、実はとてつもなく高級品であり一般的に飲まれるようになったのは大正末期から昭和初期といわれています。

日本の伝統的な飲み物のようなイメージですが、実はここまでライフスタイルに浸透したのは意外と最近なのもビックリですよね(@_@)

水出しなど様々な抽出方法が存在しますが、日本茶は急須で抽出するのが基本ではないでしょうか??

実は急須と茶葉があれば意外と気楽に淹れることができます(^^)

淹れ方(煎茶)

①茶碗(湯呑)や急須を温める

②2~3㌘の茶葉を急須に入れる

③約70°のお湯を入れる

④煎茶なら約1~2分、深蒸し煎茶なら約30秒~1分待って静かに茶碗に注ぐ

⑤複数の茶碗に注ぐ場合廻し注ぎをします。 1→2→3→3→2→1の順に注ぎこれを繰り返します。

ものすごくざっくりと説明しましたが、時間としてはお湯さえあれば約2分で納まる内容です(*^_^*)

もちろん茶葉や品質、水質などによっても変わっていくのでレシピなども変わっていくので面白いですよね!!

関西は有名なお茶が沢山あるのでとても面白い地域です。

・宇治茶(京都)

・伊勢茶(三重)

・大和茶(奈良)

・丹波茶(兵庫)

・近江の茶(滋賀)

などが有名です(*^_^*)

「やぶきた」という品種は抗アレルギー作用があると言われているので、これからの花粉症シーズンにオススメです。 静岡で発見された品種なので静岡のやぶきたが有名です。

急須のお話しをしましたが、近年ではこんな抽出方法も!!

三軒茶屋の「日本茶寮」さんです

おしゃれですよね(*^_^*) シングルオリジンの日本茶の飲み比べができます!!

スウェーデン出身の日本茶インストラクターのブレケル・オスカルさんも様々な活動をされていてとても面白いですよね!!

TSPの荷揚げのお仕事でガッツリ稼いで、茶器などを揃えて仕事から帰宅後は優雅にあたたかい淹れたての日本茶なんていいですよね(^^)

TSPでは、荷揚げのお仕事をしています。
神戸や姫路、大阪、京都に事業所があります。
興味がある方は、一緒に働いてみませんか?
ご応募・お問い合わせお待ちしております。

●お問い合わせ⇒こちら ●荷揚げについてもっと知る⇒こちら ●荷揚げ求人に応募⇒こちら
Share.

【荷揚げ助っ人登録】

今すぐじゃないけど気になる人は、空メールを送って下さい。
スポットの現場で急な空きが出た時など応援のお願い『助っ人依頼』メールを送ります。
空メールを送って登録する場合は、以下メールアドレス宛に空メールを送ってください。
(スマートフォンの場合は件名に何か文字を入れる必要がある場合があります。)

今すぐ空メールを送って助っ人登録をするならこちら

About Author

むらっしー

Leave A Reply