火曜日, 10月 22

春の食べ物①~春の山菜~

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

みなさまこんにちは!

春は芽吹きの季節ですね。

春一番に顔をだすふきのとうやたらの芽など、山野に自生して食べられる植物を山菜と呼んでいます。
本来は栽培されないもの、それゆえに特有の苦みや香りが強く、春の体に必要な植物なのです。


山菜の効用

山菜の苦味成分は、抗酸化作用のあるポリフェノール類で、

活性酸素を除去し、老化の進行を遅らせる働きがあります。新陳代謝も促進してくれます

また、山菜にはビタミンも豊富なものが多いのも特徴です。
昔は、冬場は葉もの野菜が不足するため、春にビタミン補給をするという効用もあったのでしょう。

山菜を食べると、天然の苦味や辛味が冬の間に縮こまっていたからだに刺激を与えて、体を目覚めさせ、活動的にしてくれるといいます。
「春の皿には苦味を盛れ」ということわざもあるそうです。

苦みや香りを含んだ春の山菜を上手に取り入れ、冬の間に体内に溜まった老廃物や脂肪を排出しましょう。
春先の疲れやだるさを取り去り、そしてやがて訪れる暑い夏を、元気に乗り切る体を作ってくれます。

山菜の調理法

山菜に馴染みがない方でも、次のような調理方法でおいしく食べられます。

●油であげる

山菜は油と相性がよいものが多く、天ぷらにすると苦味が程よくぬけ、香り高い山菜の風味が増します。アク抜きの必要もありません。
山菜が苦手な人は天ぷらがおすすめ。

●茹でる

さっと茹でて水気を絞って切るだけのおひたしにします。しょうゆとかつお節をかけたり、ごま和え、ぽん酢和え、味噌和え、マヨネーズ和えなど、お好きな味付けで。山菜の風味が味わえます。

●下茹でしてアク抜きしてから調理

アクの強い山菜は、下茹でしてアクを抜いてから、煮物や和え物に使うとよいです。


からだに良い食べ物を積極的に取り入れて、

仕事も遊びも楽しめる

健やかなからだでありたいですね。

TSPでは荷揚げのお仕事をしています!

神戸・姫路・京都・難波・あべのに事業所があります!

荷揚げ職人LIFEマガジンロゴ
Share.

【荷揚げ助っ人登録】

今すぐじゃないけど気になる人は、空メールを送って下さい。
スポットの現場で急な空きが出た時など応援のお願い『助っ人依頼』メールを送ります。
空メールを送って登録する場合は、以下メールアドレス宛に空メールを送ってください。
(スマートフォンの場合は件名に何か文字を入れる必要がある場合があります。)

今すぐ空メールを送って助っ人登録をするならこちら

About Author

むらっしー

Leave A Reply