火曜日, 7月 23

筋トレもできる!アウトドア・スポーツ④

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

皆さまこんにちは☆
GWも始まりましたが皆さまはいかがお過ごしですか?

家族でお出かけをしたり、友達とわいわい遊んだり・・・

連休を満喫されている方もいいらっしゃると思いますが
「 GW中は自分磨きを頑張る!!!」なんて方もいるのでは?

今回は筋トレもできるアウトドア・スポーツの第4弾ということで
ご紹介するのは「水泳」です!(‘ω’)

これからの季節、海やプールに行く機会も増えるので
どうせなら筋トレもしながら楽しみたいですよね( *´艸`)♪

種目別に鍛えられる筋肉と泳ぎ方のポイントを
チェックしていきたいと思います(/・ω・)/★

上半身の筋肉を鍛えたい時はストローク(腕のかき・速さ・引きなど)を意識しながら泳ぎ、
下半身を鍛えたい時には、キック動作をいつもより重視しながら泳ぐと効果的です!
さっそく見ていきましょう(^^)

■クロール

泳ぎ方の中で一般的なので挑戦しやすいと思います!
全身をバランスよく動かしながら泳ぐことができます(‘◇’)ゞ

推進力を作るために、上半身の筋肉8割、下半身の筋肉2割といわれるほど
背中~肩の筋肉が特に使われます( ・`д・´)

ですが、
広背筋・肩関節周辺・体幹・臀部(お尻)・大腿四頭筋などの大きい筋肉から
インナーマッスルまで動かすことができるので、
全身の筋力アップにも効果的なんです★

■背泳ぎ

仰向けの状態で泳ぐ泳法で、ストロークの腕をまっすぐ伸ばし、
手のひらで水をかくことによって推進力を生みだします( ゚Д゚)

背中から腕を動かす時に、広背筋・僧帽筋・上腕三頭筋などが使われ、
ストリームライン(浮きやすく水の抵抗をできるだけ減らした姿勢)を保持しながら泳ぐため
腹部のインナーマッスルも鍛えることができます(^^)♪

左右対称にまっすぐ泳ぐためには骨盤回りの傾きが影響されるので、
意識して泳ぐことによって骨盤回りの傾きを整えることも期待できます(^_-)-☆

■平泳ぎ

平泳ぎはキック動作がメインとなる泳法で、
股関節、臀部(お尻)や足の内側(内転筋)の筋肉を使って推進力を作る種目です!

上半身は肩関節の上部に付着する僧帽筋・三角筋が水の抵抗を受けやすく
下半身は股関節と膝関節を曲げた状態から瞬発的に力を入れ、
足裏でしっかり水を蹴ることによって進むため
特に筋肉トレーニングの効果が期待できます(‘ω’)

いきなり長時間、泳げない!!という方は
水中を歩くだけでも十分、筋トレになります(/・ω・)/♪

もちろん慣れてきたら
水中ウォーキング→水泳→泳法の変化など、負荷を上げていきましょう★

水泳は「インナーマッスルを鍛える」「関節可動域の向上」などに期待できるので
筋肉量あり、さらに筋肥大・筋力アップを目指している方には
あまり向かないのでご注意ください!!

皆さんのこれから夏に向け筋トレをしながら楽しみませんか?♪

TSPでは荷揚げのお仕事をしています!

神戸・姫路・京都・難波・あべのに事業所があります!
お気軽にお問い合わせ、ご応募ください!

●お問い合わせ⇒こちら
●荷揚げについてもっと知る⇒こちら
●荷揚げ求人に応募⇒こちら
Share.

【荷揚げ助っ人登録】

今すぐじゃないけど気になる人は、空メールを送って下さい。
スポットの現場で急な空きが出た時など応援のお願い『助っ人依頼』メールを送ります。
空メールを送って登録する場合は、以下メールアドレス宛に空メールを送ってください。
(スマートフォンの場合は件名に何か文字を入れる必要がある場合があります。)

今すぐ空メールを送って助っ人登録をするならこちら

About Author

あけちゃん

Leave A Reply