火曜日, 7月 23

いい汗トレーニング①

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

皆さまこんにちは☆
7月に入り暑い日が続くようになっていきましたね(=゚ω゚)ノ
これからどんどん暑くなるので
今からしっかりと夏バテ予防をしてくださいね♪

今回は汗をかく季節が近づいてきたのでご自身のかいている汗が
「いい汗」なのか「悪い汗」なのかチェックしていこうと思います!

筋トレは続かない!という方に毎日する習慣を少し変えるだけで
いい汗を流せるようになる方法をご紹介します( *´艸`)

次の簡単なチェック診断で、あてはまるものにチェックを入れてください!

◆生活習慣からわかる「いい汗」「悪い汗」

□日中は空調の効いた室内にいることが多い
□ストレスが多い生活をしている
□夏は冷房を点けて寝ることが多い
□あまり歩いたり運動しない
□熱めのお風呂にザブンと浸かるのが好き
□ゆるい服よりピッタリした服が好き
□お風呂よりシャワーが多い
□衣服が汗くさくなりやすい
□水分をあまり摂取しない
□夏でも体が冷えやすい

0個の人は青信号!
あなたの汗は「いい汗」なので、今の生活習慣をキープしましょう。

◆1~2個の人は黄信号!
油断すると、「悪い汗」をかきやすい傾向があるので要注意です。

◆3個以上の人は赤信号!
日常的に「悪い汗」をかいているので、疲れやすくなっています。

「いい汗」はサラサラにおわない!
「悪い汗」はベタベタ汗くさい…!

あなたはいくつ当てはまりましたか?
でも、どうやって改善すればいいの?( ˘•ω•˘ )

1|熱めのお湯で「手足高温浴」

毎晩寝る1時間半前までに、浴槽に42~44℃の熱めのお湯を浅く張り、
手足を10~15分間浸します。
手足だけを浸けるのは、脳から遠い手足の汗腺は衰えやすいからです。
温まった手足から血液が全身を巡って体の芯まで温めるので、
脳のセンサーが働いて、汗腺が活性化します。
効率よく体温調節できるサラサラの「いい汗」がかけるようになります。

2|ぬるめのお湯で「微温半身浴」

手足高温浴の後は、浴槽に37~38℃のぬるめのお湯を足し10~15分の「半身浴」。
半身浴なら脳の温度が上がりすぎることなく、体の芯や内臓が温まり、
上半身から「いい汗」をかくことができます。

3|入浴後はうちわや扇風機でクールダウン

入浴後、冷房でヒエヒエの室内に入ると、
皮膚の温度センサーが「もう涼しくなった」と勘違いして、
汗腺が閉じて体温調節できなくなってしまいます。

冷房は27℃以上に設定し、自然に汗が引くのを待ちましょう。
首筋や額を保冷剤で冷やしたり、扇風機の微風やうちわで額を扇ぐと、
体の汗の蒸発を邪魔することなく、脳の温度を効果的に下げることができます

4|水分補給の際、キンキンに冷えた飲み物はNG!

入浴後に水分補給する際、ンキンに冷えた飲み物を飲んだり、冷たい食べ物を摂取すると、
口の中の冷気センサーが反応して、汗が急に止まってしまいます
常温か、冷蔵庫で軽く冷やす程度にしましょう。

いかがでしたか?
皆さまもぜひ試していい汗をかいていきましょう

TSPでは荷揚げのお仕事をしています!

神戸・姫路・京都・難波・あべのに事業所があります!
お気軽にお問い合わせ、ご応募ください!

●お問い合わせ⇒こちら
●荷揚げについてもっと知る⇒こちら
●荷揚げ求人に応募⇒こちら
Share.

【荷揚げ助っ人登録】

今すぐじゃないけど気になる人は、空メールを送って下さい。
スポットの現場で急な空きが出た時など応援のお願い『助っ人依頼』メールを送ります。
空メールを送って登録する場合は、以下メールアドレス宛に空メールを送ってください。
(スマートフォンの場合は件名に何か文字を入れる必要がある場合があります。)

今すぐ空メールを送って助っ人登録をするならこちら

About Author

あけちゃん

Leave A Reply